Something went wrong.

We've been notified of this error.

Need help? Check out our Help Centre.

Thanks for coming to our group exhibition!

アートの競演 202008長月 ご報告 

Art Gallery M84で開催されたグループ展、飾りたいと思う写真展、「アートの競演 202008長月」にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
また、作品をご購入くださいました方々、ありがとうございました。心より感謝しております。
先日無事展示を終了いたしました。 

この状況の中思いがけず沢山の方にお越し頂き、私の想いも伝わっているのを実感し、お客様の想いも感じられる手応えのある展示となりました。 

旧宝塚ホテルに関しましては、壊されないよう最後の想いを込めて展示しておりましたが、地元の方から内部より解体が始まったという残念な情報を教えていただきました。多くの方に共感していただいたので、誠に無念です。
せめて少しでも多くの部材を運び出し、何か活用してくれればいいなと願っております。 

今回は ‘12 minutes’ seriesも、‘Lost Architecture’ seriesも、多くのお客様に共感をいただきましたし、
グループ展で4枚売れたというのは私にとっては一つのマイルストーンです。 感謝の気持ちを込めて、売り上げの一部は危機に瀕している音楽団体と、建築保存運動をしている団体を厳密に選んで寄付させていただきます。 

それから、今回カスタマー賞があるという事で、投票や熱いメッセージを沢山頂戴しました。作品ごとの投票ですので、私の場合は入れていただいても票が割れてしまうので、そもそも期待はしておりませんでしたが、蓋を開けて見るとかなり惜しい結果だった事が判明しました。

旧宝塚ホテルのエレベーター内で撮影した作品、「現実からの逃げ道を探して」が0.3票差で2位だという事が判明しました。また見事に4つに割れ、しかも作家名を書いてくださった方が何人かいらっしゃいましたが、それは無効という事で… 非常に熱い応援メッセージを頂戴したのですが、どなたかも分からず、残念です。
1票入れてメッセージを書いて下さった皆様、ありがとうございました!しばらくコルクボードに貼り付けておいてモチベーションにしたいと思います。 

皆様からいただいたお言葉や想いを胸に、引き続き写真活動は続けて参ります。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。
Aki Fujita Taguchi 


アップデート:10月28日
どの団体に寄付するかずいぶん悩みましたが、以下の3つの団体に寄付いたしましたのでご報告いたします。 

1.Music Cross Aid -ライブエンタメ従事者支援基金 (オンライン寄付サイトGive One) 

2.小林聖心女子学院 歴史的建造物の教育的保存活用のための寄付金(兵庫県宝塚市 1926年竣工 アントニン・レーモンド設計 国の登録有形文化財) 

宝塚ホテルについては解体が始まってしまったので、なるべく同じ地域での価値ある建造物の保存という事でこちらを選ばせていただきました。 

 3.東京歴史まちづくりファンド(公益財団法人 東京都 防災・建築まちづくりセンター)
東京都選定歴史的建造物の保存を支援し、歴史的街並みの景観形成を図るための取組をしている基金 

少額ですが、自分が動く事が大事だと思います。東京都防災・建築まちづくりセンターの担当の方からは振り込んだ翌日お礼のお電話を頂戴しました。有料や期間限定でももっと価値ある建物の公開をして、一般の方へ認知を深めて欲しいとお伝えしました。 

Thank you for visiting our group photo exhibition at Art Gallery M84 in Tokyo.  I hope you enjoyed our artworks.  I exhibited 2 concert photos and 2 architecture photos. 

Unfortunately, the demolition of the historical beautiful building started recently. Four of my works have been sold though there’s no profit.  Because it took a massive amount of money to exhibit them.  However, it’s a big milestone achievement for me.  As you know, it’s not easy to sell fine art prints especially here in Japan.  So I have decided to donate part of the sales to a (GOOD) music related company and an architectural conservation movement I choose.  

Thank you so much for your purchase.  I believe we can change the world for the better. 

Updates: 28th October 2020 

I donated a little bit of money to 3 organizations. 

1.Music Cross Aid

2.Obayashi Sacred Heart School (Completed in 1926. Designed by Antonin Raymond. Located in Takarazuka City, Hyogo prefecture. Tangible registered cultural property) 

3.Fund for Tokyo historical architecture (Public interest incorporated foundation) https://www.tokyo-machidukuri.or.jp/machi/fund/ 

I would be glad if I could help them even just a little! 

Aki Fujita Taguchi 


Upcoming group photo exhibition in Tokyo

久しぶりのグループ展のお知らせです!  8月31日月曜より、再び東京の東銀座にあります、Art Gallery M84に写真を4点出品いたします。  今回はコンサートフォト2点に加え、今までとは違う作品を2点出品予定です。全ての作品は購入可能です。

場所は銀座、歌舞伎座の裏にあるビルの5階です。お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。オンラインでしかやりとりした事のない方、初めての方、どなたでも歓迎です。皆さんのお越しをお待ちしております! (恐れ入りますが、マスクの着用と入り口での手指のアルコール消毒、連絡先記入にご協力をお願い致します)

2020年は新型コロナウィルス流行のため、大規模コンサートは世界的に難しい状況が続いております。皆さんもそれぞれ、今までとは違った苦労、ストレスの多い毎日をお送りだと思います。そんな今こそ、アートが皆さんの心に潤いを与えられたら良いなと願っております。

以前から感じていた事ですが、近年何でもソーシャルメディアで見て完結の方が多くなっているように思います。それに加え2020年は更に多くの物がオンラインになってしまいました。この状況をやむなしと受け入れながらも、私は何でもネット上では満足できません。コンサートやアートイベントが制限されてしまってこの先どうなるのか将来が見えない今こそ、できるだけ会場にて見ていただきたいと願っております。プリントや額の質感、展示の空間はネットではなかなか伝わらないものです。また、このような時に会場に足を運んで下さる貴重なお客様を大切に迎えたいと思います。

こういった趣旨から、今回会場での私の作品は写真撮影をお控え下さいますよう、お願い申し上げます。ですが、遠方の方、多忙や感染防止その他の事情で来場できない方も沢山いらっしゃると思います。その場合でどうしても展示作品を知りたい、見たいという方がいらっしゃいましたら、私にご連絡いただけますでしょうか。個別にメール等で対応させていただきます。

詳細: 飾りたいと思う写真展「アートの競演 2020 長月」  

期間 : 2020年8月31日(月)~9月12日(土)   会期中無休

場所 : Art Gallery M84

住所 : 東京都中央区銀座4-11-3 ウインド銀座ビル5階

電話 : 03-3248-8454 

時間 : 10:30~19:00(最終日17:00まで)  

入場料 : 500円 

Art Gallery M84のページ  http://artgallery-m84.com/?p=7320

私の現在の在廊予定は初日31日(月)午後5時から7時(午後6時からは作品説明)、その後は毎水曜の午後5時半から7時、毎土曜と日曜の午後2時半から4時の予定です。※諸事情により変更になる場合もございます。 もし、これ以外の時間で是非!という方や質問がある方、メールやソーシャルメディアのダイレクトメッセージでお気軽にお問い合わせください。


I am delighted to announce that my group photo exhibition will start soon!  It will take place on 31st August to 12th September at Art Gallery M84 in Ginza, Tokyo.  I will be exhibiting 4 photos there. (2 concert photos and 2 others) 

Please stop by If you are in Tokyo.  Let’s talk about photography, art and music! 

Details: ‘Competition of Art 2020’ (group exhibition) 

31st August - 12th September 2020, at Art Gallery M84 in Tokyo

Opening Hours: 10:30 a.m. to 7:00 p.m. (The last day of exhibition: Close at 5:00 p.m.) 

Admission: 500Yen

Address: 5F Wind Ginza Bldg, 4-11-3 Ginza, Chuo-ku, Tokyo, 104-0061 

I will be at gallery from 5:00 p.m. to 7:00 p.m. on 31st, from 5:30 p.m. to 7:00 p.m. on every Wednesday, 2:30 p.m. to 4:00 p.m. on every Saturday and Sunday.  Hope to see you there!  In time of crisis, we desperately need art more than ever!


Gallery information: http://artgallery-m84.com/?p=7320


My lockdown photos have been published in local news paper ‘Fukapuku’!

My lockdown photos from ‘Social Distancing Tokyo 2020’ and my writing have been published in local news paper ‘Fukapuku’ (深川福々). You can get this paper at various places around Fukagawa area in Tokyo, station, cafes, shops, museums and such. I hope you check it out! 

東京の深川地区で発行されているフリーペーパー、「深川福々」の第62号に、写真と文章を掲載していただきました!コロナ後の東京を撮影しているシリーズ、「Social Distancing Tokyo 2020」の深川地区の写真に文章を添えました。前回(54号、55号)の同潤会清砂アパートよりもかなり大きく写真も載せていただきました。 

深川地区の方、遊びやお仕事で来られた方、駅や資料館、文化センター、店舗、カフェ、あちこちで入手できますので是非手に取って見てください。 

8月31日から始まる銀座のグループ展でお会い出来る方には直にお渡ししたいと思います。こちら改めて告知いたします。どうぞよろしくお願い致します。
また編集長の東海様を始め、編集の皆様大変お世話になりました。ありがとうございました!一人でも多くの方に手にとっていただければ嬉しいです。
(表紙写真は柴田和史さんの撮影です) 

以下深川福々の設置場所一覧です。一番確実、簡単に手に入るのは大江戸線清澄白河駅改札内かと思います。もし大江戸線に乗っていて、ふと思い出しかつお時間に余裕があれば、清澄白河駅で降りて一度上に上がってみてください。改札を出ずに入手できます。もちろん、更にお時間がある時は是非清澄白河、門前仲町、森下等あたりを散歩してみてくださいね。裏は楽しいスポットがたくさん掲載された地図になっています! 

1.清澄白河エリア
大江戸線清澄白河駅改札内 / 東京都現代美術館(現在は縮小設置)/ 深川江戸資料館(事務所受付でお問い合わせください)/ 深川図書館 / 清澄庭園 / 深川資料館通り商店街会館前 / 深川北スポーツセンター/ ARISE / THE CREAM OF THE CROP COFFEE / 藤堂プランニング / cafe Ginger.Tokyo / 片山 / しまぶっく / Spa Brico / Cafe Michis / flow / ギャラリーコピス / 田巻屋 / あづま屋文具店 / BUTTERFLY DECO / いろはにほへと / 初音 / 紺青 / パティスリーアンドゥ / mamma cafe 151A / fukadaso CAFE / 江戸みやげ屋たかはし / J9 /りんご屋 / MEDIUM / iki ESPRESSO / bois cafe / sunday zoo / Potpurri / L&Harmony / ティーポンド / ババグーリ / オンネリネン/ CLOP / デリカやまこし 

2.森下エリア
森下文化センター / 芭蕉記念館 / タロス / DUMBOⅡ / サトウ画材 / 古書ほんの木 / 才谷屋 / NICO 25 TO GO (BAR NICO) / ルークタオ / hage / ブレーメンカフェ / コハル 

3.門前仲町エリア
深川東京モダン館 / 古石場文化センター / みなとや / ファミリーマート門仲一丁目店 / chaabee 

4.木場エリア
深川pompette 

5.東陽町エリア
ダウンタウンレコード / 古本と肴マーブル 

6.扇橋エリア
らーめん屋 盛 

また、深川福々のFacebook、Twitterへのリンクはこちら。フォローして最新情報をチェックしてみてください!(ウェブサイトは現在改築中のようです)

深川福々Facebook

深川福々Twitter


8月10日追記:深川福々のFacebookページに、PDFバージョンが掲載されました。こちらは写真がカラーで掲載されております。是非大きく拡大してご覧になって下さい。

深川福々Facebook PDF掲載記事

深川福々Twitter PDF掲載記事



Drab Majesty Live in Tokyo 2020 -Into the PØRTAL- Moon Romantic, Tokyo, 12 February 2020

1

Words and photographs by Aki Fujita Taguchi 

Proofreading by Yosuke Taguchi

LA-based mysterious duo Drab Majesty played a special show at beautiful Moon Romantic in Tokyo on Wednesday night. They are recently touring world with their third album ‘Modern Miller’, released in 2019 and critically acclaimed. Since this was their first visit to Japan and they played only one night, the venue was fully packed and filled with fans’ anticipation. I had an extreme honor to photograph their fantastic show.

Originally, Drab Majesty was a solo project of Deb Demure, who is an alter ego created by Andrew Clinco. After self-releasing first EP ‘Unarian Dances’ in 2012, Drab Majesty signed with Dais records in 2015, and released three studio albums and several singles to this date. In 2016, keyboard player and singer Mona D (Alex Nicolaou) joined Drab Majesty for live performances. Their sound showcases their unique blend of dark wave, synth-pop, post-punk, gothic, shoegazing, ’80s new wave rock and so many others. However, Deb named their music as ‘Tragic Wave’, which sounds like a nice description. 

On this night, Japanese DJs —mio from Tangle, Natsuki & Erika from popular dream pop band called Luby Sparks, gothic punk legend Zin from MADAME EDWARDA, Yuka & okn from PØRTAL— spun lots of cool records to entertain the audience. Selected tunes were well received and the house was filled with enthusiasm. The whole event was hosted by Japanese label and promoter HANDS AND MOMENT which mainly specializes in dark wave, shoegazing, alternative, dream pop music. 


Natsuki of Luby Sparks

Zin of MADAME EDWARDA and Erika of Luby Sparks

Zin of MADAME EDWARDA

Yuka & okn from PØRTAL

After 80 minutes DJ play, finally Drab Majesty appeared onstage dressed resplendently in trademark white suits, white bob wigs and huge black sunglasses on white painted faces. Their androgynous look and artificial stage persona were very interesting and wonderful to watch. There was a big full moon on the back of the stage and their aesthetic stage performance, which was sometimes theatrical like pantomime artists, fitted this beautiful venue very well. 

They opened the set with ‘A Dialogue’, the first track of the latest album ‘Modern Miller’, and the audience was hypnotized by their dreamy sound and atmosphere right from the start. Next up was ‘Kissing the Ground’ off 2017’s ‘The Demonstration’. This post punkish number, which was one of fan’s favorites, got them excited. Deb’s reverberated guitar arpeggios and his left-handed fingerpicking style added magical feeling on their ethereal synth sound. In addition to that, deep synth-bass booms and thumping beats of drum machine and waves of feedback noise were highly addictive. Everyone was swaying to the sound and loving every second of it. Their 100 minutes set was mainly comprised of their latest album with mixing some songs from the
second album ‘The Demonstration’. And they treated us to one song ‘Everything is Sentimental’ from their debut album ‘Careless’. 

Drab Majesty’s unconventional live performance was a whole new level of excitement to me. They far exceeded my expectations. It’s more than a live show, and I’d say that it is thing like their creative and experimental activity, which has been evolving and never stops.  


2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

Check out their albums and updates via their social media links.

Bandcamp: https://drabmajesty.bandcamp.com

Facebook: https://www.facebook.com/drabmajesty/

You can get their latest album on Dais Records.  If you are based in Japan, place an order with Garnet Records

Member:
Deb Demure 

Mona D (Live Synth/Vocals) 

Set list: 

1. A Dialogue / 2. Kissing the Ground / 3. The Other Side / 4. Oxytocin / 5. Ellipsis / 6. Dot in the Sky / 7. 39 by Design / 8. Everything Is Sentimental / 9. Long Division / 10. Cold Souls / 11. Out of Sequence / 12. Noise of the Void 

This article was published on my publications. Thanks to my kind editors. Check out the links below.

Shout About It UK

Chasing The Light Art


日本語レビュー

Review and photos by Aki Fujita Taguchi

LAを拠点に活動する二人組のミステリアスな音楽ユニットDrab Majestyが、先日東京青山にある美しいライブハウス、Moon Romanticにて素晴らしいショーを行った。彼らは現在、2019年に発売され大好評の3枚目のアルバム、“Modern Miller”のプロモーションのためワールドツアー中。この日は彼らの初来日であると共に貴重な一夜限りのライブだったため、会場は超満員。ファンの熱気と期待で満たされていた。大変嬉しい事にこの特別な夜を撮影する機会をいただいた。

元々Drab MajestyはAndrew Clincoがインスピレーションから創り上げたもう一人の自分、Deb Demureのソロプロジェクトであった。2012年にファーストEP、“Unarian Dances”をセルフリリース後、2015年にDais Recordsと契約を結んだ。その後3枚のスタジオアルバムと7枚のシングル、EPをリリースしている。2016年にキーボードプレーヤー兼シンガーのMona DことAlex Nicolaouがライブパフォーマンス時に加わる形になり、それ以来ライブは二人で演奏をしている。彼らのサウンドはとてもユニークで、ダークウェイブ、シンセ・ポップ、ポストパンク、ゴシック、シューゲイズ、80年代のニューウェイブ等の多くの要素が感じられる。しかしながら、Debは自分自身でそのサウンドを“Tragic Wave”と名付けた。さすが、なかなかのネーミングセンスである。

この日は日本のDJ達、Tangleのmio、人気のドリームポップバンド、Luby SparksよりNatsukiとErika、ゴシックパンクバンドの重鎮、MADAME EDWARDAのリーダーZin、PØRTALよりYukaとoknが多くのレコードを次から次へとかけて、我々を楽しませてくれた。気の利いた選曲に観客は盛り上がり、会場は興奮に包まれた。この日全体のイベントはDrab Majestyの日本のレコードレーベルかつプロモーターのHANDS AND MOMENTが主催したものだ。彼らは主にシューゲイズ、ドリームポップ、ダークウェイブ、オルタナティブ等のジャンルを得意としているインディーレーベルである。

80分程DJ達がプレイした後、ついにDrab Majestyの二人がステージに現れた。白いスーツ、白いボブのウィッグ、白いフェイスペイントに大きな黒いサングラスのクールで派手な姿に目が奪われる。これが彼らのトレードマークのスタイルである。二人の中性的なルックスと人工的に作られたステージでの人格(ペルソナ)は大変興味深く、ヴィジュアル的にも魅惑的だった。ステージのバックスクリーンには大きな満月がいつも照らし出されている。時にパントマイムの舞台俳優のような動きもする、彼ら独自の美意識に溢れたステージパフォーマンスは、この美しい会場にとてもフィットしていた。

最新アルバム“Modern Miller”より、オープニングナンバーの“A Dialogue”がこの夜の1曲目を飾った。私達は幻想的なサウンドと雰囲気にあっという間に魅了されてしまった。2曲目は2017年のアルバム、“The Demonstration”より、ポストパンキッシュでファンにも人気の“Kissing the Ground”が演奏され、会場は一気に盛り上がった。Debの深くリバーブがかかったギターのアルペジオは左利きのフィンガーピッキングスタイルから繰り出され、その姿は幽玄な響きを持つシンセサウンドに更に魔法をかけたかのように魅力的だ。それに加えシンセベースのずしりと重い響きとドラムマシーンの心地良いビート、フィードバックノイズの波動が中毒になってしまいそうな心地良い空間を作り上げていた。会場の誰もが音に合わせて自然に体を揺らし、その時間を慈しむように楽しんでいた。嬉しくも予定時間を大幅に超えた100分のセットリストは主に最新アルバムから構成され、セカンドアルバムの“The Demonstration”からも数曲演奏された。そして更に嬉しい事にはデビューアルバムの“Careless”より1曲、“Everything is Sentimental”も演奏してくれ、ファンを喜ばせた。 

Drab Majestyの既成概念の枠を超えたライブパフォーマンスは私にとって全く新しい刺激的な体験であり、期待を遥かに上回るものだった。もはやライブというものを超越しており、言うならば彼らのクリエイティブな実験を体感する場と言えるだろう。そしてそれは進化し続け決して止まる事は無い。

アルバムやライブ最新情報、音源の購入は上記英語レビューのリンクから是非チェックを!


I’ve joined the photography firm INSEARCH!

I am delighted to announce that I have joined the photography firm ’INSEARCH’, which is based in Pakistan.  I’m excited to be a part of the team as a concert photographer!  I want to thank Founder and Managing Director Tahir Saleem for the opportunity.   I look forward to contributing to the success of the firm and moving forward together!  Check out my profile page and feel free to explore the website. 

Aki

http://insearch.pk/project/aki-fujita-taguchi/ 


Using Format